比較すべきこと

日本紙幣

教育ローンは、高校や大学、専門学校の学費をはじめとするさまざまな教育に関するお金を賄うことができるローンです。
せっかく難関大学に合格したのに、学費を納めることができなくて困っている……そんなとき、教育ローンを組み、金融機関にのちのち少しずつ金利付きで返済をしていくことで、納めることができるようになります。さらに、教育ローンでは教材を購入したり、進学のためにひとり暮らしをするための費用を賄ったりすることもできます。実家から遠く離れた学校に進学するとき、やはり住居費などが必要になります。そのようなお金も、教育ローンで賄うことができるのです。

ところで、そんな便利な教育ローンですが、利用にあたって比較する際には「低金利かどうか」ということ以外にもいくつかの事柄についてみる必要があります。
たとえば「借入可能額」が、金融機関ごとに異なっています。「低金利なのはありがたいが必要な金額を借り入れることができない」となれば、そのローンを組んでも意味がないことになります。
また、「審査期間」について比較することも必要です。「低金利である、借入可能額も必要なだけある。でも審査期間が長すぎて支払いに間に合わない!」ということも考えられます。
もちろん教育ローンを組むときに限らず、何をするときでもそうですが、ひとつの点だけを見て比較するのではなく、このようにさまざまな事柄について比較し、いちばん折り合いがいいところを見つける必要があるのです。

Copyright © 2016 低金利なのはどれだ!?教育ローンの探し方を知ろう .